スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今日の出来事

カラスに襲われました

今の時期、カラスは気が立っているようなので気をつけましょう


恥ずかしかった


こんな感じだったと思います

そういえば浦安鉄筋家族というマンガでも似たシーンありました
(お父さんがリーゼントのカツラつけてると思ったらカラスで、最後に空へ連れ去られる というオチ)
あれは笑ったけど、実際体験すると笑えません

頭皮痛いし、恥ずかしいし、、、

カラスどもを根絶やしにしたい、あるいは死にたい といった感じでした



スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
魔女宅
先週の金曜日にテレビで「魔女の宅急便」が放送されていました。

なんとなく見てたんですが、エンディングでユーミンの「やさしさに包まれたなら」が流れ出した頃…


号泣


あれー、なんで泣いてるんだろう


もう何回も観たのに…
冒頭のトンボの「ドロボーぅ、ドロボーーぅ!」のモノマネとかできるのに…
初めて魔女の宅急便で泣きました。

号泣とまではいきませんでしたが、ホロリしました。

涙の理由はなんだい?と、自分なりに考えてみたところ、
「キキがんばれ」的な涙だったような気がします。
頑張っている人って、素敵やん?

何故、今までは目尻サラッサラだったのに、今回に限ってホロリしたのかはよく分かりません。
きっと、見方が変わったのか、精神的に病んでたのかのどちらかだと思います。

同じように、久しぶりに観たら泣ける映画とかあるかもしれないんで、いろいろ観てみようと思います。

魔女宅の原作も読んでみようかな。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
時かけ
tokikake


先週の話ですが、「時をかける少女」をみました。DVDで。

友人が豪華版DVDBOXを買うぐらいはまったらしく、まぁみてみろよってことで
数人で鑑賞会をしました

スゲーおもしろかったです

見終わったあとすぐに、「もう一回みたい!」って思った映画はいつ以来だろう
作品全体の空気とか話の後半の流れとかすごくよかったです
あと、登場人物。特に主人公のキャラがいい。かわいい

簡単に言うと、主人公の少女が時をかける話なんですが(簡単すぎ)
時間を飛び越える妄想ってのは誰もが一度はしますよね。…ね?

自分もよく妄想します。週5ペースです。
「時間もどれ!」とか「時よ止まれ!」とか「WRYYYYYY!!!」とか
普通だよね

で、時間を戻すことが出来たら何をするかって考えたら
何かしらの方法で金を集めますね。
やっぱり金ですよね。世の中、マネーですよ。金、金ぇ!人間って汚いね
あとは女湯突撃ぐらいでしょうか(散々妄想してるのに2パターン)

それに比べると、この主人公はピュアですね。
自分とくらべると月と下痢くらいの差です
真琴(主人公)かわいいです。
真琴かわいいよ、かわいいよお真琴。真琴ぉ
ん?どうしたの真琴ぉ、かわいいよぉ

早めに逮捕されたほうがいいね


劇中の季節が夏ってのもあってか、青春って感じの映画でした。
胸がキュンキュンなる感じの。
夏はいいですよね
みんな、夏が来るよ!
現在(いま)を生きようね!


今度、テレビで放送するみたいですね。早っ!


別窓 | 日記 | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
| 土砂降りの油の中で僕ら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。