スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
相武サンダース

もう3ヶ月くらい前の話になるんですが、
『ガチボーイ』という映画を観ました。

観る前は「どうせB級映画だろ、それもまたいい」と思ってたんですが、
とてもいい映画でした。

ネタバレを避けてストーリーを説明すると、
佐藤隆太演じる主人公がアレな病気で、毎朝起きるたびにアレで大変です。
ある時、主人公がナニを始めるんですが、それがまたアレで、ナニがアレなんです。
で、最後は頑張りました。
というストーリーです。

主人公が朝起きて、一日が始まるシーンや、主人公の父親が主人公と向き合うシーンでは、涙をこらえるのに必死でした。
また、ラストの頑張るシーンも、ベタだったけど感動しました。


佐藤隆太はいつもいっぱいいっぱいな顔をしているイメージがあるのですが、特に悲しい演技をしたときの悲しい顔は、見てるだけで悲しくなります。
個人的に、悲しい顔俳優のトップは小日向文世です。
海外に目を向けると、デニーロをはじめ、ニコラス・ケイジなどが挙げられます。
上記4人に悲しい顔で囲まれたら、一生笑えなくなりそうです。


サエコが出ていました。ダルビッシュの嫁です。
「なんでサエコだけ、ヘリウムガス使っているんだろう」
「サエコはヘリウムガスを常飲しているのかな」
「サエコの顔の周りだけ、ヘリウムガスなのかな」
といろいろ思ったんですが、地声のようです。


感動する映画でした。


映画をみた帰りに気になる看板を見つけたのでパチリ


相武サンダース



この後、一緒に映画を観た人と、映画の話そっちのけで
「どっちが相武紗季か」で激論を繰り広げましたが、
答えは出ませんでした。


スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
| 土砂降りの油の中で僕ら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。