スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
相武サンダース

もう3ヶ月くらい前の話になるんですが、
『ガチボーイ』という映画を観ました。

観る前は「どうせB級映画だろ、それもまたいい」と思ってたんですが、
とてもいい映画でした。

ネタバレを避けてストーリーを説明すると、
佐藤隆太演じる主人公がアレな病気で、毎朝起きるたびにアレで大変です。
ある時、主人公がナニを始めるんですが、それがまたアレで、ナニがアレなんです。
で、最後は頑張りました。
というストーリーです。

主人公が朝起きて、一日が始まるシーンや、主人公の父親が主人公と向き合うシーンでは、涙をこらえるのに必死でした。
また、ラストの頑張るシーンも、ベタだったけど感動しました。


佐藤隆太はいつもいっぱいいっぱいな顔をしているイメージがあるのですが、特に悲しい演技をしたときの悲しい顔は、見てるだけで悲しくなります。
個人的に、悲しい顔俳優のトップは小日向文世です。
海外に目を向けると、デニーロをはじめ、ニコラス・ケイジなどが挙げられます。
上記4人に悲しい顔で囲まれたら、一生笑えなくなりそうです。


サエコが出ていました。ダルビッシュの嫁です。
「なんでサエコだけ、ヘリウムガス使っているんだろう」
「サエコはヘリウムガスを常飲しているのかな」
「サエコの顔の周りだけ、ヘリウムガスなのかな」
といろいろ思ったんですが、地声のようです。


感動する映画でした。


映画をみた帰りに気になる看板を見つけたのでパチリ


相武サンダース



この後、一緒に映画を観た人と、映画の話そっちのけで
「どっちが相武紗季か」で激論を繰り広げましたが、
答えは出ませんでした。


スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<気になるブログがある | 土砂降りの油の中で僕ら | 検索ワードでえこなを激怒させよう>>
この記事のコメント
僕の偏見が間違ってなければ、「『博士が愛した数式』をパクってプロレスを題材にしたというか隠れ蓑にしたガチホモC級邦画」という認識なのですが改めたほうがいいのでしょうか。
あと、サエコは絶対にクラスの友達からはサセコと陰口を叩かれていると思います。
2008-05-08 Thu 19:00 | URL | いわし #-[ 内容変更]
どちらかといえば右の相武紗季が好みです
2008-05-09 Fri 22:34 | URL | 雨乞い番長 #aIcUnOeo[ 内容変更]
いわし

いうなや!
まぁ、ぼくも全く同じ偏見をもってたんですけどね。
確かに「博士の~」の二番煎じ感もありますが、こちらは青春や努力といった要素が強かったのが個人的によかったのかな
昔は、「おじいさん」「犬」って要素だけで泣ける薄い人間でしたけど、最近は「努力」「青春」でも泣ける薄い人間です。恥ずかしくないです。
過度の先入観や偏見のせいで、視野が狭くなってしまうのは、つまらないし勿体ないことだとぼくはおもうョ

サセコを馬鹿にするな!


番長

駅前店のほうですか~
番長はシェフのコスプレが好きだって言ってましたね
エプロンつけてるあたりがポイント高かったんでしょうか・・・
大丈夫ですか?

2008-05-10 Sat 14:01 | URL | えこた #KPJkoGPs[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 土砂降りの油の中で僕ら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。